アレルギー大学 中級講義・実習

9月はアレルギー大学の中級と小麦を代替した各種の料理の実習がありました。
千葉会場ではオンライン ライブ配信で行っていますので、1日拘束されますが講師に質問も出来ます。

オンデマンドでは視聴しないで期限が終わる可能性もあると思い、千葉ではライブにこだわっています。
千葉会場の日程に都合の合わない方は愛知会場はオンデマンド配信ですので、そちらにお申込ください。

さて、千葉会場ですが9/5(土)に食物アレルギーの臨床(各論)・気管支喘息、花粉症、ダニアレルゲン・
集団生活の食事・アレルギー児の受け入れの4コマがありました。
各論ではそば、ナッツ類、果物や魚、甲殻類など色々なアレルゲンについて学ぶので出来れば中級の講義までは受けていただきたいところです。
気管支喘息、花粉症、ダニアレルゲンについては少し大きくなってくると浮遊抗原のアレルギーが出て来ますのでここも抑えて欲しいところです。
食物アレルギーが食べられるようになるためにもコントロール大事です。
山出 史也先生にわかりやすくお話しいただきました。

上級講座.png

集団生活の食事については小学校の栄養教諭の秋葉佳子先生にお話しいただいたので、主に学校での対応についてお話しいただきました。

アレルギー児の受け入れは保護者の立場から私がお話しさせていただきました。

kougi1.jpg

そして9/12(土)は原 正美先生の楽しい実習です。
今年は調理室ではなく、各ご家庭のキッチンになるので調理器具の制限もあります。
食材も受講生自身で揃えないといけないので、手に入りにくいものはNPOから資料と一緒に送りました。
送ったのは米粉のホットケーキミックス粉、ココナッツオイル、米粉パン粉。

作った献立は米粉パン粉を使ったコロッケ、鯖のポワレ、プリプリ中華炒め。
米粉のホットケーキミックスと豆乳ホイップを使ったアイス。

青魚と野菜をアレルギーの視点からも食べて欲しいという原先生のレシピです。
豆乳ホイップの泡立てのコツは例年受講生から好評です。
アレママからは当たり前のレシピですが、保育園でも家庭でも作りやすいコツがたくさんです。
最近、お孫ちゃんと過ごす時間が多くなった原先生。
ママは本当に時間が無く、凝った料理は無理というのを実感しているようです。
実生活を実習にも活かしているところがステキです。

原先生ホットケーキ.jpg

実習.png

受講生も楽しそうに参加していました。
来月、上級の講義で今年は終了です。

オンライン講義楽なようで、講師の先生方との打合せ、スタッフ間の情報共有が必要で例年より細かな打合せが多い日々となっています。
あと一息です。

その前に来週はしゃべり場がありますが、こちらも楽しみにしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント