台風15号な~んちゃって被災まとめ

昨日の朝、実家やっと停電復旧。
水とガスが出ていたのでまだ、マシですが暑い日もあり、お風呂に入れない状態と情報がラジオしかない事が母には辛かったようです。
新聞も春に圧迫骨折をしたときに、ポストまで取りに行く事が出来ないのでやめてしまったし。

現在、トイレもお風呂も自分で出来るのですが料理も長い時間台所に立てないので、簡単なことしか出来ません。
以前私があげたアルファー化米が役にたったそうです。
お鍋でご飯炊くとかは体調的に難しい。

それでも停電地域は旧住民地域だけなので、スーパーも病院もやっているので市で運営している高齢者向け施設のお風呂が利用できました。
銭湯も無いしね。
母を連れて行った時は小学生のお子さん連れたご家族も来ていました。

暑いし、調理できないし、情報も無いしで不安だろうから我が家の停電復旧してからは来ればと言っていたのですが、行くと言ったり、やっぱり行かないとお年寄りアルアルで振り回された、同居の弟も疲れが出始めたころ停電復旧。
めでたしめでたしです。

実家の隣はオール電化なので発電機を停電中使っていて、その音がぶ~ん、ぶ~ん鳴って夜寝れないと母はこぼしていました。

被災するとどうしてもストレス溜まるので、もめ事が多くなるのも隣の芝生は青く見える状態がきっかけになるのかもなと外野は思っていました。
まだ、まだ月末頃まで停電復旧かかるかもというところもありますので、被災されている方はお体大切に。
支援に行っている方も無理はなさらず。

【アレルギーっ子の支援】
1.サークルどんぐりの会員は仲良し会なので、毎月1日に災害訓練しておりその時にLineやメールでやり取りしています。
今回の台風被害も30名ほどの会ですが14市にまたがって住んでいますが、安全を確認しています。
Lineやメールが使えた方ばかりでした。
停電したのはもう1軒ですが、11日には復旧しています。
水道、ガスは出ていたけど、停電していない実家にその間は避難していたので不自由はなかったそうです。
ただし、今回ひどい南房総付近ではないので、そういった地域の方のことはわかりません。

2.NPOの理事長に相談し、小児アレルギー学会とは連携を取っています。過去の災害支援の経緯より、日本栄養士会と連携を取り、市町村通して千葉県栄養士会に支援を求める事が出来ます。
まずは市にご相談してください。
まどろっこしいように感じるとは思いますが、ご理解お願いします。

【今回特に感じた事】
1.電気使えないとネット使えない、うちはスマホ繋がったから良かったのですが、携帯、プロバイダーダメなところは被害が酷いところ。
2.ランタン良かったです。うちのババは目が悪いので、特にですが知り合いはランタン買い足したそうです。
3.防災無線は聞き取りにくい。市からの防災メールがわかりやすかったです。市によっては小学校に登録すると防災メールも自動的に届くそうですね。
4.スマホバッテリーは充電しておくこと。幸い私は今年から使い始め、充電しておいて良かったです。
5.停電している信号の交差点は怖い。複数車線は特に怖いらしいです。
6.停電すると配水池に水のくみ上げが出来ないので、集合住宅でなくても断水する。うちもギリギリで電気が通ったので断水しませんでしたが、市からのメールでは断水予告もありました。
7.暑い時の対策は今後も検討課題ですね。

【その他】
どんぐりは12日に定例会があり、それぞれの状況や情報交換しました。学校のメールのことや学校は給食提供できても牛乳は止まっているなど聞きました。
14日にアレルギー大学があり、講師の先生方にそれぞれの病院の状況もお伺いし、千葉市の小学校の様子なども聞きました。
病院も治療関係は補助電源があるものの、エレベーターが止まると、患者さんをタンカーで運んだり、食事も7階までバケツリレーで運んだり、病室の空調が効かないので、熱を出す患者さんが出たりと大変そうです。
そういった諸々を整理して蓄積されていくと良いなと思っています。

今回は千葉県全滅ではなく、うちの町内も我が家周辺だけ停電でしたので少し歩けば普通の生活がありました。
南房総はもっと酷くてもアクアラインや県内でも少し遠くから物資は届けられる状態。道路が全滅しちゃうともっと厳しかったかと。
東電も北海道や遠くから来てくれたようです。

もう少し、どうか被災されている方頑張ってください。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント