エピペン→救急車

衝撃的なタイトルですみません。昨日のことです。

朝、9時過ぎに息子より携帯に電話があり「夜勤明けにご飯を食べて誤食した。エピペン打って自分で救急車を呼んで今、救急車の中。病院から連絡があるといけないので電話した。意識はあるから大丈夫。」

(@_@) わかったと返事をしたものの、今都内のどこにいるのか聞き忘れた事に気が付き、折り返し電話すると救命士の方が搬送先の病院が決まったと息子に話してくれて築地の聖路加とわかりました。
ここで一安心。

後は医療従事者にお願いするしかないのですが、こういう日に限って講師派遣の仕事があり八王子に行かないといけません。
こんなに急だと代打も頼めないし、落ち着かない気持ちのまま出かける準備をしました。

まずはジジババに息子が誤食してエピペン打って、救急車で病院に運ばれている事、私の留守に病院から電話があるかもしれない事。
そうするとババが「もし、迎えに来て欲しいと言われたらどうしたら良いか?」と先の心配をしているので、旦那さんの職場に電話して旦那さんに相談してくれと話しました。
それから旦那さんの職場に電話をして経緯を話してばあちゃん対策はお願いしました。講演中だと私は電話に出れないので。

まあ、結局八王子に向かう途中、点滴して回復したのでひとりで帰ると息子よりLineがあったので、色々考えすぎだったのですが。

そして中野に着いて中央線に乗り換えようとすると中央線が遅延しているという事で、ホームがごった返しています。
青梅行に乗って八王子に行くのか、よくわからず、何に乗れば効率が良いのかわからないので、八王子行に乗ったはずが途中で車内アナウンスがあり、立川が終点に変わりましたとえ~どうすれば八王子まで行けるんだろうと思いましたが、立川で待っていると次の電車は八王子までちゃんと行ってくれました。
結局、早めに家を出たのでランチを食べる時間もちゃんとあって会場にたどり着きました。

講演も無事終了。

すべてちゃんと終わったのですが、何から何まで上手く回らない日ってあるもんだと思った一日でした。
講演内容はサービスエリアの飲食店向けのアレルギー研修で、アナフィラキシーやエピペンの話もあり気管の腫れあがった写真なんかは辛かったのですが、サラリと話す事が出来ました。

で、皆さんが気になるところは何を誤食したんだろうってところだと思いますが、今まで誤食は何度か経験していますが、エピペンや救急車に乗るような事態は初めてです。
小さい頃は色々除去していましたが、現在はピーナッツだけです。
画像


夜勤明けで風邪を引いていたこともあり、お店の人に確認しなかったり、うどん屋さんなので油断したようです。
でも、坦々って書いてあるじゃんと思いますが、痛い目に合ったのは本人ですからね。

使用したエピペンは病院では回収してくれず、処方した病院に持って行くように言われたそうで、早速かかりつけの病院に午後受診して、返したそうです。
薬(風邪)もたくさん処方いただいたそうです。

うどんも完食して電車に乗っている間にこれはいけないと思い、途中下車したとのこと。
なかなか大人の食アレ誤食は無いので参考にならないと思いますが。

まあ、ドキドキの一日でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント