食物アレルギー教室  浦安

浦安市民プラザにて食物アレルギー教室を千葉県委託事業として行いました。
あいにくの雨。
申込者も少なくどうなるかと思いましたが、20名ほどいらっしゃいました。

画像


森田先生はアレルギー大学でも講師をしていただき、資料を拝見することが多々あるのですが、わかりやすくという点が、どんどんレベルアップしていらっしゃって、すごいなぁ~と常々感じています。
何より、お母さんに対しての視線がやさしい。
画像


症状が出て、病院に行っておさまっていたとしても「今回はおさまって良かったね~」とおっしゃってくださいます。
軽い症状なのにどうして来たとは言わないそうです。

食べられる部分を食べていく、経口免疫療法、経口負荷テスト。
この3つをごちゃごちゃにしている方も多々いらっしゃいますが、それぞれをわかりやすく話てくださいました。
経験談として話す人もごちゃごちゃの人が多いので、?となる方も多いかと。

うちの息子は「食べられる部分を食べていく」ということをして、卵、牛乳は中3までかかりましたが解除となりました。
ピーナッツは残っているので、エピペン持ちです。
食べられる部分を食べていくためには、どの程度OKか調べるためには経口負荷テストをします。

ぜ~んぶ 負荷って言う人、本当に多いです。
負荷と言っても、どのことを指しているのか、聞き手もよく聞かないとわかりません。

アレルギーは残念ながら、量や症状、アレルゲンも様々なのでオーダーメードで治療していくしかありません。
お住まいや生活スタイルで、希望どうりの治療を受けることが出来ない環境の方もいらっしゃいます。
保護者もどんな治療が受けたいのか、学ばないと選ぶことが出来ません。

子どもが主役で子どもの事を真ん中に考えること。
うちの理事長が良く言う言葉です。
いっしょに考えるお手伝いが出来ると良いなと思っていますが、なかなか難しい。
森田先生のように、やさしいお医者さんに出会えることが出来ない方も多い。

私は息子の主治医の転勤や、息子自身の環境の変化にともない4人の先生に変わっています。
それでも何とかやってこれたのは、そのとき、そのときの先生に支えていただいたからこそです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント