どんぐり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 怒涛の3日間?

<<   作成日時 : 2016/07/14 08:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年から四街道市のコラボ四街道に採択していただくために、コラボ塾に通い予算案を練り、プレゼンをして採択が無事決まり、内容をスタッフと練り、チラシはおそらく10回以上手直しし、やっとお披露目できます。
四街道市の事業ですので、教育委員会、こども保育課、各幼稚園にお願いをしてチラシ配布もしていただくことになりました。
その他、地域新聞も各社ご協力いただいております。
刷ったチラシは1万枚!四街道市内のお子さんのいるご家庭には行きわたる予定です。
四街道市の広報誌にも大きく掲載予定です。
過去最大の広報かもしれません。いくつイベントやったのかすでにわかりませんが。。。
画像


今回、チラシ裏にNPOの活動を案内しておりまして、イベントに来てもらうことも大切ですが千葉アレルギーネットワークを知っていただきたい!っていうのが最大の目的です。
もちろん大切な防災のことも考える機会になって欲しいです。

防災と言えば「災害の備えは大丈夫?」のポスターを千葉アレルギーネットワークで作成し、千葉県小児科医会のご協力をいただき各小児科医院で掲示の予定です。
備蓄状況のデータは千葉県のご協力をいただき掲載することが出来ました。県ではアレルギー対応の備蓄も把握しております。県のHPに掲載予定です。
こういった各方面のご協力あって実現いたしました。
こちらのポスターは縁があり、初めてプロにお願いしました。みんなの防災とのデザイン力の違いを大いに感じます。
みんなの防災はどんぐりデザインです(;´・ω・)

画像


肝心のタイトルですが、9日がアレルギー大学 離乳食の実習、翌日がアレルギー大学ベーシックプログラムでその後みんなの防災のチラシ配りと仕事が続きました。
画像


離乳食の実習の講師は千葉市公立保育所の現役の栄養士さんです。現場のことを一番ご存じで、デモの手際も素晴らしいのですが、ご本人もお話しするのは苦手とおっしゃっています。
丁寧に真摯にお話してくださいますので、こういう栄養士さんのいる保育所に預けていればお母さんたち安心だろうなぁと思います。

画像

ベーシックプログラムは定員を超える申し込みがあり、お断りした方もいるのですが当日100名の受講生が集まりました。
学生さん、栄養士さん、養護教諭、保護者など一般の方もいらっしゃいました。
千葉のベーシックプログラムは医学-基礎、食品学-基礎を学んだ後、午後に「アナフィラキシーと その対応」と「保育園・学校におけるアレルギー対策」を学びます。

「アナフィラキシーと その対応」では小児アレルギーエデュケーターが講師をしてくださり、講義の後にエピペンの使い方をトレーナーで全員練習し、実際に期限切れのものも代表の人がペーパータオルを重ねたものに打ちました。液が染み出るので、針がどこまで出るのかわかりびっくりした方もいました。その後、エデュケーターさん達でロールプレイをして、間違い探しもしました。
ロールプレイでは遠くの受講生にもわかるようにオーバーリアクションで演技してくれたので、笑いもこぼれる楽しいものとなりました。
「保育園・学校におけるアレルギー対策」を具体的にお話しいただきました。
その後確認テストを行い、終了証を渡しました。
受講生の皆さんにはわかりやすく話してくれた。資料がわかりやすい。園や学校の対策はもっと話が聞きたかったなどご意見をいただきました。来年も同じような内容で行う予定です。

実習もベーシックも持って行く物品が多く、車1台に載せていくので漏れがないか、スムーズに運営できるかそれが心配だったのですが、無事終了です。
通常ならここで抜け殻になるのですが、まだまだ事業がありますので・・・

まあ、山は越えたのでかなり気が楽になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
怒涛の3日間? どんぐり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる