どんぐり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ひさびさの内房線の旅

<<   作成日時 : 2015/08/07 12:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

朝、7時半のバスに乗り行ってきました。
ひさびさの電車での内房線、なんだか旅行気分でした。
内房のほうの学校栄養士さんの研修会に講師として呼んでいただけました。
食物アレルギーのひやりはっとの話とガイドライン、献立作成時の工夫など。
ひやりはっとは私がお話しさせていただき、ガイドラインや献立作成時の工夫は原先生にお願いいたしました。

私のほうは食物アレルギーの誤食&ひやりはっと集から学校給食関係の事例をお話しさせていただき、
息子の小学生のときに合った同じような事例、今年お母さんたちから相談を受けた内容をお話ししました。

原先生は栄養士さんの職場環境が違うので、誰にでも参考になるようにお話をしました。

調布の事故依頼、小中学校は各地で文科省の指針を受けてガイドラインが整備されて来ています。
ただ、給食の環境も様々で委託業者が作っているところ、給食センターなどに行政の管理職がいるかどうか、
責任をどこで担うかそんなところが問題になっているようです。

昨日の研修会は校長先生もいらしていて、栄養士さん任せではなく担任の先生をはじめ学校全体で取り組まないといけないことがよくわかったとおっしゃっていただけて、なにより嬉しかったです。
保護者としては事が起こらないことが一番ですが、何があるかわからないのが食物アレルギー。
息子の時も予定と違った納品があったということがありました。
そんな時に誰が悪いとかでは無く迅速にみんなで対応していただけるのが一番だと思っています。

その為には関わる方皆さんがアレルギーのことを知らないと対応出来ません。
ということでアレルギー大学を頑張っています。

先日、実家に行くと母がうつろな顔をして汗が止まらないと言っていて、顔色も悪く・・・
すぐに横にしてわきの下や首筋に保冷剤を挟んで様子をみたら1時間くらいでだいぶ落ち着いたので、
病院に連れて行ったら点滴となりました。
熱中症でした。
息子が野球をしていた小学生の頃に熱中症になったことがあり、最近TVでも対処の仕方をやっているので、
母の顔を見たらすぐに動けたのですが、アレルギーだって一緒です。
知らないと何をどうしたら良いかわからない。

そういうことを少しづつ伝えていきたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひさびさの内房線の旅 どんぐり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる